脳梗塞にならないために前もって症状をチェックしておこう

医者

健康な毎日を過ごすために

すぐに病院へいくべし

看護師

脳動静脈奇形を治療したいと思った時には、できるだけ早く外科などの医療機関を受診することが大切です。なぜなら、医療機関を受診して専門のお医者さんに診てもらうことで、現在の状況等をこまかくチェックしてもらえるため、スムーズな治療へとつながりやすいからです。たとえば、CTスキャンをして脳の中の状態を撮影することができる設備を持った病院を選んでいくようにしましょう。ほかにも、MRIを撮影することができる設備があれば言うことなしです。どちらにしても、お医者さんに行く時期が早ければ早いほどいいのは間違いありません。そうすることで、効果をいち早く実感でき、脳動静脈奇形に悩む時間を最小限に抑えることができます。

手術方法をしっかり選ぶ

開頭手術をする場合とカテーテル手術をする場合とでは、どちらの方が脳動静脈奇形の治療には最適だと思いますか。開頭手術によって脳動静脈奇形を治療する場合は、脳内の患部に直接メスを入れることができるため、より確実に手術を進めていくことができます。比較的メスを入れやすい位置に患部がある場合にはこちらの方がおすすめです。これに対して、カテーテル手術による治療の場合は、股関節の付け根に小さな穴を開けてそこからカテーテルを通していくだけなので、身体にかかる負担をより小さくすることができます。高齢の方にはこちらの方が適しているかもしれません。どちらも脳動静脈奇形を治すためには効果的な方法です。担当のお医者さんとしっかりと話し合い、どちらが自分に合っているのかをしっかりと判断するようにしましょう。