脳梗塞にならないために前もって症状をチェックしておこう

医者

目的に合った医療機関

かかりつけ医の探し方

病院内

未然に病気を防ぐことが健康管理の基本であり、日常的に利用可能な医療機関を探すのが理想的です。地域密着型の病院であれば、かかりつけ医としても最適であり、健康診断でも利用できるので便利です。40歳以上であれば定期的に健康診断を受けたうえで、生活習慣病の対策も必要に応じて行うべきです。身体の具合の悪さを感じた場合でも、地元の中小規模の病院であれば、気軽に相談することが可能でしょう。日常的に同じ病院で検査を受けるのが健康な状態を維持するための秘訣であり、内視鏡検査やがん検診も積極的に受けるのが良い方法です。同じ医師の診察を受けることで小さな病気の兆候も見極めることが可能であり、中核の医療機関との連携もスムーズに進むでしょう。

今後の医療の姿とは

中小規模の医療機関と総合病院のような医療機関との役割分担を進めることが、今後の医療行政の最大のテーマです。大きな医療機関が高度な治療に特化することで、がん治療や脳疾患の治療も更に円滑に行われるでしょう。自宅近所にかかりつけの医療機関があることで、風邪や腹痛のような諸症状に見舞われた場合でも、すぐに的確な処置が受けられるので安心です。最近では中小規模の病院も、CTをはじめとした検査機器の導入に積極的です。したがって地元の医療機関でも、ポリープの切除や初期のがん治療も気軽に受けられるでしょう。通院しやすい地元の医療機関の診療内容の幅を広げることが、的確な治療をスピーディーに行うための必須条件です。