脳梗塞にならないために前もって症状をチェックしておこう

男性医師

発症予防が非常に大切です

規則正しい生活が大切です

看護師

脳梗塞は、脳の血管が詰まってしまうことで脳細胞が壊死してしまい、様々な症状を引き起こします。詰まる血管によって起こる症状は違います。細い主要ではない血管が詰まっただけでは症状が出ないために気づかないこともあるくらいです。しかし、人間ドックや健康診断で高コレステロール血症や肥満、糖尿病、動脈硬化などを指摘された場合は脳梗塞を今後発症する可能性が高いので注意が必要です。そのような人は血液がドロドロであり、また血管が細くなっていることが多いため容易に血栓が詰まってしまうからです。発症を予防するためには、食生活に気を付け、適度な運動をすることなどの規則正しい日常生活を送ることが大切になります。また、定期的に健康診断を受けることや、脳ドックを受けることも発症を予防するためには効果的となります。

様々な治療法があります

脳梗塞の症状は様々ですが、太く主要な血管が詰まった場合には突然の運動麻痺、言語障害、意識障害を発症することが多いです。また、細い血管の場合は手足のしびれや違和感、頭痛などの変化がみられます。症状が重く、脳細胞の壊死から頭蓋内圧亢進を呈している場合には救命のために外科的治療が行われることがあります。脳梗塞のような症状が出た場合は、体調不良の類いだと思って放っておかずに、速やかに病院での診察を受けましょう。脳梗塞の治療の基本は内科的治療です。抗血小板薬の使用で血液をサラサラにし詰まりにくくすることがメインとなります。的確な治療を施すことで、後遺症などが少なくすみますので早期発見、早期治療してもらえるように、自分自身の体調に日頃から気をつける意識が大切です。

目的に合った医療機関

病院内

病気の初期段階で治療を受けたい時には、地元でかかりつけ医としても活用できる病院を見つけるべきです。今後は医療機関の役割分担が更に進むと同時に、地元の小規模な病院でも比較的高度な治療が受けられるでしょう。

詳細を確認する...

続く頭痛には要注意です

悩む男性

脳腫瘍は悪性の場合も良性の場合もあるため、一概に脳腫瘍と診断されたからといって気を落とす必要はありません。また、脳腫瘍の種類によって様々な治療法があるので、的確な診断を受けて必要な治療を受けることが大切となります。

詳細を確認する...

健康な毎日を過ごすために

看護師

脳動静脈奇形かなと感じたら、できるだけ早く医療機関を受診してみてもらうことが大切です。治療方法として考えられるのは開頭手術とカテーテル手術ですが、担当のお医者さんとよく話し合ってどちらにするかを決めましょう。

詳細を確認する...